施工中現場ブログ

邑楽郡大泉町の家

障子のお部屋は和紙の特性で光が拡散され、お部屋全体がふんわりと明るくなります。とても雰囲気のある上品な明るさです。

2015年 04月21日

和紙を使った障子は、多孔性のため空気を自由に通し、清浄化を行います。吸湿性もあるため、室内に湿気がこもることを防ぎます。冬に障子を開けると、断熱サッシがしっかり閉まっていても冷気がサァーっと出てきます。障子を利用することで、窓からの熱損失をかなり抑えることが可能です。和紙の光透過率は40~50%のため、直射日光を半分さえぎり、半分透過させます。そのことにより、日当たりの明るさを保ちつつ、日光を遮るという優れた特性があります。そして、和紙の特性により光を拡散させるので、非常にやわらかく均一の光を室内にひろげてくれます。夜には和紙に照明が反射し、照明効果を高めてくれる嬉しい効果もあります。レースのカーテンも良いですが、障子も独特の趣きと風情があって、お部屋にいるだけでとても落ち着きます…。 P1050401 P1050407

〈お問い合わせ・ご相談〉フリーダイヤル:0120-810-309、営業時間:平日8:00~19:00

メールからのお問い合わせはこちらから 24時間受付中

お問い合わせ

群馬県太田市で新築木造在来工法の工務店[オウンスタイルハウス]・有限会社 富田建設
〒373-0827
群馬県太田市高林南町606-1

フリーダイヤル:0120-810-309
お問い合わせフォームはこちら

↑ PageTop